辛いアレルギー性鼻炎に効く|抵抗力がアップする

夫婦

日常生活の見直しを

悩む女の人

原因を特定しましょう

冷え性もしくは冷え症は西洋医学と東洋医学で扱い方が異なります。西洋医学的には手先や足先、腹部などある特定の部位に冷えている感覚を持つ状態を指すものの、病気として確立しているわけではありません。一方で、東洋医学的には様々な原因により上記のような体の特定部位に冷えを感じる状態を指し、病気の手前である未病として取り扱います。いずれにしても辛い冷え性ですが、血行不良を理由とすることが多いようです。血流が滞ることにより、血液中に含まれる酸素や栄養素が体内に十分行き届かず、結果的に冷えを誘発する、ということになります。そのため、血流の流れを改善することが冷え性の改善につながります。どのような対策を講じるかについては、その原因を特定することが大切です。

対処の方法

現代は冷え性の原因に事欠きません。夏場の過剰な冷房や無理なダイエット、不規則な生活習慣のいずれもが冷え性の原因となるのです。それぞれについて予防方法や対策を考えましょう。夏場の冷房対策は、重ね着をする、冷えを感じやすい足先や下半身にレッグウォーマーやレギンスを着用することで対処します。そして、自宅では夏場でも出来る限り入浴して冷えを感じた部分を中心にマッサージをします。さらに、冷水と熱めのお湯を交互に使用して血行を良くするようにします。無理なダイエットは血行不良を引き起こしたり、貧血の原因となったりしますので控えましょう。特に、偏った食生活をすることによって期待されるダイエット効果は、冷え症には大敵です。不規則な生活習慣も同様です。睡眠不足や運動不足は血液の流れを乱す原因になります。特に運動不足を感じる方は、ジョギングなどの有酸素運動を少しずつ生活リズムの中に取り入れるように努力しましょう。冷え性は食生活や生活習慣を見直し、日常生活を整えることが大切です。出来ることから少しずつ初めて、冷え性の予防・改善をしましょう。