辛いアレルギー性鼻炎に効く|抵抗力がアップする

夫婦

閉経の時期に起こる不調

漢方

ホルモン補充治療がある

更年期になると、女性ホルモンの分泌が減るため、体にさまざまな不調があらわれます。急に体が火照ったり、動悸や息切れがしたりといった体の症状だけでなく、やる気が出なかったりイライラしたりといった、心の症状も出ることがあります。どのような症状が出るかや症状の重さも人によって違い、症状が重い場合には、婦人科などの専門医院で、ホルモンを補充する治療を、受けることができます。ホルモン補充治療が合わない場合には、漢方薬を使った対症療法を行うと、さまざまな不調に対応できるメリットがあります。漢方薬には、体の症状や体質に合わせて、処方できるというメリットがあり、飲み薬なので飲みやすく、副作用などの心配がないため利用しやすい治療法です。

女性ホルモンの分泌が減る

更年期は、閉経の前後10年間の期間をさし、45歳から55歳くらいの女性に起こる体の不調を、更年期障害といいます。更年期障害は、閉経で卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌が減ることで起こります。女性ホルモンの分泌が減ると、視床下部が乱れて、自立神経にも影響が出るため、体温の調節がうまくいかなくなり、のぼせや冷えの症状が起こります。のぼせを改善するための漢方薬には、全身に気を巡らせて、血を補う効果のある、加味逍遥散などがあります。この漢方薬は、イライラや不眠症などの症状にも効果があり、自律神経を整える作用が期待できます。貧血や冷え性などの症状がある場合には、当帰芍薬散料などの漢方薬が効果的です。